設定画面
  1. 探索範囲を設定できます
  2. 一度通知してから再び通知するまでの日数の設定ができます
  3. 探索を始めてから終了するまでの時間の設定ができます
  4. 通知のリセット時刻の設定ができます
  5. 全てを通知圏外状態に戻します
  6. 未訪問リマインダー期間を設定できます
  7. グループ名の編集ができます
  8. 連絡先あるいは外部からの顧客情報の取り込みができます
    (Liteバージョンでは顧客情報の取り込みはできません)
  9. CSVファイル形式で情報を保存できます
  10. ルート検索時に使用するマップアプリの選択ができます
    (Liteバージョンはご使用になれません)
  11. タップするとインターネット上の顧客探知機のヘルプページへ移動します

探索範囲設定画面
1/4Km〜5kmの範囲内で探索範囲を設定できます
  1. 赤枠の中でスクロールして範囲を設定して下さい
設定完了後、左上の設定ボタンから設定ページへ戻ってください

探索除外期間設定画面
設定しない〜1年の間で除外期間を設定できます
  1. 赤枠の中でスクロールして期間を設定してください
設定完了後、左上の設定ボタンから設定ページへ戻ってください

探索自動OFF設定画面
設定しない〜12時間の間で検索時間を設定できます
  1. 赤枠の中でスクロールして時間を設定してください
※なしを選択した場合は、手動で検索を終了しない限り、顧客の検索を続けます
設定完了後、左上の設定ボタンから設定ページへ戻ってください

通知リセット時刻設定画面
通知リセット時刻の設定とリセット設定オン/オフの設定ができます
  1. 赤丸内のボタンを左右にシフトすることによって通知リセットをオン/オフできます
  2. 赤枠内でスクロールして時刻を設定してください
※OFFを設定している場合は、「通知状態初期化」ボタンで初期化しない限り通知済みの状態のままになります
設定完了後、左上の設定ボタンから設定ページへ戻ってください

通知状態初期化画面
通知状態を初期化すると全ての顧客が通知圏外状態に戻ります
  1. 初期化ボタンを押すと顧客通知状態を初期化します
キャンセルあるいは初期化ボタンをタップすると設定画面に戻ります

未訪リマインダー期間設定画面
訪問日からどれだけ見訪が続くとリマインダーがポップアップするか設定することができます
  1. @、Bリマインダー設定 ON / OFF ができます
  2. A、C最終訪問日から何日でリマインダーアイコンをポップアップさせるか設定できます
設定完了後、左上の設定ボタンから設定ページへ戻ってください

グループ名編集画面
グループ無しを含め11個のグループ分けができます 各グループの上をタップして、編集をおこないます
  1. ×印をタップするとグループ名を削除できます
  2. キーボードが下から出てくるのでグループ名の編集を行って下さい(日本語、英語が記入できます)
  3. 右下の完了ボタンを押して完了してください
設定完了後、左上の設定ボタンから設定ページへ戻ってください

他アプリとの連携画面
ルート検索時に使用するマップアプリの選択ができます
  1. AppleマップかGoogle Mapsを選択してください
設定完了後、左上の設定ボタンから設定ページへ戻ってください